パパー、緑色の救急車が僕を迎えに来たよー

どうでもいい事を自己満足の為につらつらと書き綴る日記です。 少々、痛い感じなのは気のせいじゃありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2周年記念~すでに2年と1ヶ月の巻

という訳で、たまにはちゃんとした日記でも書いてみようかなと。
前回も書きましたが、このブログを初めて早や2年が過ぎました。
最初こそ、1日記/1日な勢いで書いてましたが、最近じゃ1日記/3ヶ月という体たらくです。
春夏秋冬、季節に1回とかどんだけ大物なんだよ、俺。
まぁ、そんなんで何となく反省なんかしましてね。
久しぶりにまともな(?)日記でも書いてみようかな?なんて思い立ったのですよ。
しかし、ここ何ヶ月もまとまな日記なんて書いてないから、どんなのを書けばいいのかが分らない。
日記を書きに行く服が無い。
ここんとこ日記に出来るような、刺激的な出来事も無いし。
あんまりに過去の遺物に頼るのも気が引けますが、ここはいっちょ魔都大阪に住んでた時の思い出とか書いちゃったりしようかな~と思います。
以前も、僕が大阪に住んでいたときに体験したフェンタジーを↓日記にした事がありますが
前回の大阪もの
今回も性懲りもなく昔の話でお茶を濁そうっちゅー訳です。
以下、自己満日記。


こないだね、久しぶりに電気屋に行ったんですよ。
こ○まとか、や○だとかのね。
キーボードがかなりへたって来たんで、新しいのにしようかなーなんて思って行ったのです。
元々安物を使ってた性もあって、長期に渡る激しい使用で変換ボタンがグラグラしてたりESCキーがビヨンビヨンってなってて取れる寸前だったりしてました。
エスケープキーがもうエスケープ寸前ですよ。
さておき、近所の大型電気店で良さげなキーボードを物色してたら、明らかにシロートのおじさんがパソコンを購入しようと店員にイロイロ聞いてたんですけどね。
マックを。
そのお店ってこの辺だと、唯一のマックの販売をしてるとこなんですけど、店員も騙そうとしてる訳じゃないのでしょうけど「いやぁ、デザインがいいですよねw」とか、「マックってお洒落な感じが受けてるんですよねwww」とか、デザインでごり押し。
説明するトコそこじゃねーだろ。
いやね、今でこそ割とポピュラーな存在になったとはいえ、まだまだPC初心者にマックの敷居は高いと思うんですよ。
そりゃ、最近はマック用にソフトもたくさん出てるし、デュアルブートでウィンドウズも使えるようにはなりますけどね。
でも、俺にはおっさんが家に帰って買ったばっかのPCをホクホク顔で立ち上げて、ネットを繋ごうと思ってIEが見つからなくて涙目になる姿が容易に想像出来ますもん。
それで、か○ー電気に電話して聞く訳ですよ。
おっさん「あのー、インターネットを見るのがついてないんですけど?」
店員「あ、ブラウザっすか?サファリがあるじゃないっすかwwwうえっwww」
おっさん「え、いや、だからね、ネットがね」
店員「しつこいな。じゃあ、勝手にIEでも火狐でもインスコして見てくださいよwwwプゲラwww」
とか、言われて結局何の事か分からなくて、以後マインスイーパ専用マシンへ。
悲しい、悲しすぎる!こんな悲しい事が他にあるのか?
いやない!
まー、僕も長いこと販売の仕事してきましたけど、あの店員ももちっと親切でもいいと思うんですよ。
一言、ウィン機とマックの違いを教えてあげるだけの事だと思うのです。

結局販売の仕事なんてーのは、ほぼ人間性だと思うのですよ。
お客さんvs販売員。
嫌なお客さんもたくさんいます
いますが、いかに笑顔で対応出きるのか?結局、それにつきると思うんですよね。
買い物にくるお客さんは人間です。
販売員が、マニュアル通りにしか動かなかったら生きた反応って返って来ないと思います。
第一印象が最悪のDQN客でも、一生懸命対応してたらいい笑顔で買ってくれたりします。
生身の人間同士の会話。
それってすごく大事だと思います。
画一的な対応なら、大きなトラブルも無いでしょうけど、今の世の中そんな小売はどんどん淘汰されてしまうでしょう。
いかに、マイノリティを取りこむのかを考えていかなければ、きっと生き残れないとそう思います。

俺が販売の仕事をしてた時はそりゃーお客さんを大事にしてましたよ。
自分の利益より、まずお客さん。
えぇ、販売員の鏡ですね、鏡。
お客さんと2人してチンコの見せ合いをしてる店員なんか僕は他に知りません。
そんな、熱い接客でお客さんの心を鷲掴みにしてた僕ですが、思い出すだけで数々の戦いに胸が熱くなります。
神は僕に試練を与えたもうたのか?
確実に頭のおかしいと思われる客は、何故か決まって僕のトコロへやってきます。
類は友を呼んでしまうのでしょうか?
あの時もそうでした。


今でこそ学生と言う身分に甘んじている僕ですが、これまで販売の仕事ばかりを10年近くもしてきました。
電気屋→雑貨屋→靴屋。
まさに販売の申し子。
カリスマ店員とは俺の事だ。
その時その時で、色々な思い出がありますが、大阪で某コ○マ電気の店員をやっていた時が一番熱いお客さんが多かったような気がします。
まだ、二十歳くらいの若者が見知らぬ土地でヤ○ザまがいの客ばかりを相手にしていたのです。
そりゃ印象に残らなければ嘘というものでしょう。
電気屋ってのはね、あ、全部がそうなのかは知りませんけどね。
少なくとも、俺のいた頃のコ○マって社員1人につき担当の家電を1つ、もしくは2つつけていたんです。
A君はテレビ、B君はオーディオって具合ですね。
俺も、冷蔵庫なんて白家電、あ、冷蔵庫とか洗濯機とかっておおよそ色が白いじゃないですか?なんか白家電とか白物とか言うんですよ。
から、始まってテレビ等黒家電(↑と同じ理由で黒です)色んな電化製品を担当しました。
電気屋ってだいたいそうなんですけど、白物は白物で括られてて、黒物は黒物で括られているんですよね。
店のレイアウト上、そうせざるをえないのですが。
で、僕は一時期オーディオの担当もしてたんですが、オーディオ担当だからオーディオだけを売るって訳にも行かないのですよ。
呼ばれれば、レンジも売るし、電球1個だって接客する。
でも、オーディオは黒物なんで、どっちかってーとテレビとかビデオに呼ばれることのが多かったのです。
そりゃ売り場が近けりゃ呼ばれるわな。
あ、ここで豆知識。
電気屋で、店員を呼ぶならなるべく近くにいる店員を呼ぶこと。
無理ならレジのおにゃのこに「○○を買いたいんだけど、担当の方を呼んでくれる?」とお願いしましょう。
さもないと、あんまりその家電の事を良く知らない店員に適当な接客されちゃうぞ!
電気屋も人間なので、自分の担当の箇所以外は良く知らない人が殆どです。
長く勤めてて色んな担当をしてた人は別だけど、そじゃなきゃ自分の担当+近くの売り場の事しか分んないもんだぜ。
おっと、話がそれた。
担当としては、オーディオが売れるのが勿論一番嬉しいのですが、まぁ、個人の売り上げなんてのも多少なりあるわけで、俺もよっぽど知らない事意外は誤魔化し誤魔化し売ってたものです。
そんな俺でも、出来ればあんまり近付きたくなかった商品があります。
それはパソコン。
昔から、パソコン自体は使ってましたが、接客となるとちと骨が折れる。
僕が、接客してた頃は、ちょうど98のSEが出たばかりの頃です。
当然、今よりも全然PC自体の普及率は低く、ぼちぼち家庭に行き渡り始めたかな?なんてタイミングでした。
今も、電化製品に強くないオジサマ達ってのは存在してますが、その頃はより顕著です。
世の中はパソコンパソコン騒いでる→なんかかっこいいから買うか→電気屋
量販店にパソコン買いに来る人の7割がこんな感じでした。
まずパソコンとワープロの違いから説明しなきゃならないのです。
その頃ってのが、ワープロの成熟期で画面がカラーの奴とか文書作成以外も色々と出来るPC1歩手前の奴とか色々とあしたものです。
今じゃワープロ自体すっかり見ませんけど。
そこを理解してもらうと、今度はWindousの説明。
ワープロとパソコンの最大の違いって、OSを使うことによる強力な汎用性だと思うのですが、これを理解させるのが非常に大変でした。
難しい言葉を使うのは逆効果なので、極力噛み砕いての説明でしたがなかなか理解して貰えなくて困りました。
結局良く分んないで買ってった人のが多いんじゃねーかなー?
今ならもうちょいマシな説明も出来るでしょうが、あの頃は俺も必死だったからなー。
そういう状態で買っていく人ばかりなので、家に帰ってからも大変です。
モニター(CRT←時代を感じる)と本体を繋げなかったりとか、OSのセットアップ画面にびびりまくって怖くてパソコンいじりたくない人とか。
電話で何とか教えようとするのですが、なかなかうまく伝わらない。
んで、結局家まで行ってセットアップ全部してきたりとか。
売るときも売った後も面倒だったのがパソコン。
その代わり、1台あたりの単価は今とは比べ物になんないほど高かったんですけどね。
でも、僕は高いの売れて(゚д゚)ウマーってだけじゃなかったので、あんまり進んで売りはしませんでした。

その日も、僕はパソコンに呼ばれるなよーと念じながら仕事をさぼって熱心にこなしておりました。
すると、往年のブンタ・スガワラを思わせるような渡世に生きてるッポイおじさまに声を掛けられたのです。
「おう、あんちゃん。パソコンみつくろってくれや。」
オゥ、イエス!嫌な予感。
ガラ悪いってレベルじゃねーぞ!
恐る恐る「パソコンは初めてですか?」と、聞いてみました。
オッサン「おう、ワープロとナニが違うんじゃい?」
ハイ、ほぼ地雷確定。
今日はついてねーなと思いながら、パソコンの接客を始めました。
オッサンてば、おもくそ期待通りでパソコンがはやってるみたいだから買いに来たとのコト。
一つ一つ教えるのはやはりダルく、またおっさんもその風貌まんまであんまり機械の事は分からないご様子。
でも、なんやかや文句を言いつつも、オッサンてばそこそこ高いノーパソを買っていってくれました。
それで、僕のミッションはコンプリート、終了です。
…終了したはずでした。

それから3時間もたった頃でしょうか。
なにやら、僕に怒り狂ったお客さんから、電話がかかってきてると呼び出しがありました。
人間いくつになっても、怒られるのにはなかなか慣れませんよね。
自分が悪けりゃまだ仕方が無いと諦めもつきますが、理不尽に怒られる事も少なくないのも客商売です。
でも、そんなクレーム1つにも耳を傾け、自分が悪ければ改善するのも仕事のうちです。
とはいえ、やはり足取りは重く受話器へ向かいます。
俺「ハイ、お電話変わりました。yapouです。」
客「おぅ、テメー!よくもこんなぶっ壊れたパソコンを売りつけやg亜w世drftgyふじこlp;@:「」9(←興奮のしすぎで何を言ってるのかさっぱり分からない)」
俺「ハイ?あ、あの、どうされました?」
客「だから、テメーから買ったぱそこんgy「」@:p;おぃくjyhtgrふぇdwsq!!だっうとろえおkじyhyg
テメー殺すからな!」
ところどころ聞き取れる単語から推測するに、どうやら先程ノーパソを買ったダンディーなおじさまのようです。
どうやら、買ったばっかりのパソコンを使い始めてみたら、どうにもテンキーが壊れているとの事。
で、高いもんを買ったのに、不良品をよこすたぁどういう了見だ!ふざけやがってとりあえずぶっ殺すと、そうおっしゃっておられる模様。
そして、話を聞くと明らかにNUMLOCK(分からない奴はググレ)。
NUMLOCKで殺されたらかなわないので、とりあえず落ち着いてもらい解除の仕方を説明しようとしたのですが
客「訳わからネー事で誤魔化そうとしやがって!しゃーすぞ、ゴラ!ふざけんなよ!もういい、殺す!ブッ殺す!ブッ殺してやるからな!!今からもう一度行くからまってろよ!逃げんなよ!!!」
と、一方的に電話を切られてしまいました。
わぁ、僕ぶっ殺されるよ\(^o^)/
まぁ、怒り狂ってくるお客さんもお店にくる間にヒートダウンしちゃうなんてのも良くある話です。
焦ってもしかたないので、ブンタが来るのを持つことにしました。
それから、30分もした頃でしょうか。
ブンタがやって来ました。
そこのお店ってば、入り口の自動ドアの前にもう一つ扉があって、所謂風除室ってのがありました。
そこは比較的ゆったりしたスペースで、自販機なんかも置いてあったんで、買い物帰りに座って休憩なんかが出来るようになってました。
その風除室に、あまりの怒りで我を忘れてしまわれたブンタは御自慢の四駆を乗りつけられたのです。
店に車ブチ込むとか、どんだけ怒ってんだよw
そのワイルドさを遠くで見ててクラクラしてしまいました。
もうなんか、プゲラッとなってしまいましたが笑いながらは行けません。
下手に刺激して、ご機嫌をさらに損ねる訳にいかないので、笑ってしまわないように、相対性理論について思案を巡らせながらお出迎えに向かいます。
ブンタは勢い良く四駆を風除室にブチ込むと、更に勢い良くドアを開け「おぉ、糞店員。殺しに来たぞ!」と、早速僕へのラブコールです。
そんなに僕に逢いたいだなんて、可愛い奴じゃないかとか思いながら店頭に向かいます。
ブンタは車から颯爽と飛び降りると、右手に買ったばかりのノートパソコン、左手にはカゴに入った小鳥を持ち風除室に仁王立ち。お前はラオウか。
















・・・小鳥?















しかも律儀に鳥カゴまで。
なんで怒り狂ってんのに、鳥もって来てんだよ。
っーか、怒ってなくても普通は鳥カゴなんかもってこねーよw
おっさんは自分に注目が集まってるのを確認すると
オッサン「買い物に来てるみなさーん、この店は客に不良品を売りつけますよー!!この店員はとんでもない嘘つきですよーー!!なー、ピーちゃーーーん?
ピ、ピーチャン!?
あまりの怒りで訳が分からなくなってしまっているのか?
しかし、そのドスの効いた声でピーチャンって。
いかん、スゲーおもしろい。
そらもう、そのおっさんの言動が僕のツボをつつきまくっている訳ですが、ここで笑ってしまうと火に油を注ぐことになるのは明白です。
それだけはしちゃならないと、必死で笑いを堪えます。
が、いかんせん面白すぎる。
このままここにいたんじゃ、いつか絶対に笑ってしまう。
それに、店先でこんなに騒がれちゃお店の印象を悪くしてしまいます。
俺「お客様、あちらの方でお話をお伺いします。」
と、カウンターに案内し椅子に座らせます。
俺「では、お客様。故障の具合を拝見させて頂いてよろしいですか?」
おっさん「おう、こらyapou。こんなぶっ壊れてるもんをよくも売ってくれたな?ぶっ殺すぞ!
おっさん「なー、ピーチャン(はぁと
俺はもう、そのおっさんの一挙手一投足から目が離せなくなっていました。
俺への、ドスの効いた声を出したすぐ後に聞いてるこっちの背中が寒くなる猫なで声でピーチャンに語り掛けています。
カウンター周りの他の店員も、肩をプルプルさせています。
ヤバイ、このままでは誰かが噴出してしまう。
早く、早くなんとかしないと!
俺「では、パソコンの電源を入れさせていただきます。」
待つこと数十秒。
画面にはWindouwsXPのロゴが。
そして、デスクトップが表示されます。
おっさん「ここまでは出るんだよ。で、メール作ろうとしたら数字が打てねーんだよ。ホラ、ぶっ壊れてるだろ。なっピーチャン」
そう言って、おっさんは頑張って使おうとしていたのであろうポストペットの画面を僕に見せてくれました。
そうだと思っていましたが、やっぱりノーパソのNUMロックのトコのランプは消えています。
おもむろにNumLockのボタンを押し、数字を入力する俺。
おっさん「アレ…にゅ、入力できるね。」
俺「えーとですね、これはナムロックと言いまして、このボタンを押してしまうとテンキーの数字が入力不可になるんですよ。」
おっさん「あ、あ、そう。そうなんだ。そりゃ、怒鳴って悪かったね。でも、ホラ、そういうのって素人には分からないからさぁ、な、なー、ピーチャン。」
俺「いえ、壊れてなければ良いんですよ。気にされないでくださいね。いやー、僕も殺されなくて良かったですよ(←イヤミ)」
おっさん「あ、じゃ、じゃあ、迷惑かけたね。か、帰ろうかピーチャン。」
おっさんはそう言うと、意気揚々と乗り込んできてしまった自慢の四駆にしょんぼりと乗り込んで帰って行きました。
来るときはあれだけ威勢が良かったのに、帰る時のおっさんの背中は酷く小さく見えて、なんだか俺もとても切ない気持ちになりました。
そして、ピーチャンの鳴き声だけがいつまでも、お店の中に響き渡っていたのです。


しかし、そう考えると今も昔も機械に振り回されるのは何もしらないおっさん達なのです。
自分で調べられないんだから、仕様がないだろうと思う方もいるかもしれませんが、いつか僕達も行く道です。
今はまだ、パソコンをある程度自由に使っていられますが、いつ僕らが時代に取り残されるのか?
考えるとぞっとします。
だから、もし今度電気屋でマックを買おうとしてるおっさんがいたら、ちょっとだけアドバイスしてあげようと思います。
その親切が、いつか自分に帰ってくるかもしれませんからね。
話はそれますが、こないだパチンコ屋でおっさんが2Rランプを最後の保留で点灯させていましたが、気付かず帰ってしまいました。
親切な僕は急いで台を確保して美味しく頂きました。
(゚д゚)ウマー
(最後の2R~ってトコはパチンコやらない人にはさっぱりです。気になった人はグーグルででも調べてください。)
スポンサーサイト

コメント

その3ヶ月を10分で読みましたw

勉強になったわw

てかTさんの話 かなりうけた(今更だね~)

あれ?
DQN客にブチ切れたヤポウがピーチャンを焼き鳥にして美味しくいただいたってオチじゃないの?

で今後はどうすんの??
パチプロwww

>K太
そうだな。
それもいいかもな。

>いかちゃん
いや、おっさんをおいしくいただいた。

>しゃちたん
今更だなw

>らい
僕の3ヶ月が!

うちの元上司
慶応大卒のエリートなんだけど、野球をずっとやってたからか、ガタイがデカくて何故か目が座ってる。


大阪で勤務してたときに商品クレームで、とある組事務所に呼び出しをされた。
事務所に赴いたのは、その上司と明らかに堅気には見えない先輩社員。

灰皿や怒声なんかが飛び交う中、普通に落ち着いて説明と対応をしていたら、
その筋の人に「お前ら肝が座ってるな。気に入った。サラリーマンなんか辞めてうちに来いや。」とスカウトされてたw

明らかに堅気には見えない先輩は、そっち関係のクレームが入ると血が騒ぐらしく、
自ら率先して事務所に赴くという無頼派なんだよね。変わってる。


俺もその筋の方のクレームでお宅に伺ったことがあったけど、若い人達の鋭い視線に圧倒されておしっこちびりそうになった。
いや、確実にちびってた。

営業や販売してると色んな人と関わるよな。

このペースでいくと次の日記は雪がちらつく頃かな・・
つーか久々ってレベルじゃねーじょ・・じょんじょわぁ~ん

さすが商人大阪!! 

そんなどつかれそうになったらちびりそう・・・!!


ずっと靴屋さんだったわけじゃないのね~。
昨晩行ったヤ●ダの店員、Wiiのことを全く知らん私ら夫婦を横目に軽く馬鹿にし、接客しやがった。。。しかも、広告の品って書いてんのに、「これ、定価ですけどね」って。。。

私も小鳥ちゃん連れて乗り込もうかしら★

>ネピオ
その筋の方絡みの武勇伝ならまだまだあるぜ

>パンダ
いや、紅葉の季節には更新してみせる!

>テレビ娘
つか、ウンコ漏らすっての

>ぶぅ
けしからん店員だな。
よし、おじさんが替わりに文句言ってあげよう。
Wii買ったんなら、バイオハザード買うといいと思うよ

そりゃピーちゃんより勝るわo( -ω-)ノ

>TVッコ
でも、おじさんの中じゃ俺は鳥畜生にも劣る存在なんだぜ?

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laundrygo.blog69.fc2.com/tb.php/71-c0ba7736

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yapou

yapou

久しぶりの更新ついでにブログの見た目も変えてみました
微妙に見づらい気がしないでもない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。