パパー、緑色の救急車が僕を迎えに来たよー

どうでもいい事を自己満足の為につらつらと書き綴る日記です。 少々、痛い感じなのは気のせいじゃありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

めぐり逢えたら~sideB

前回のあらすじ→前回を読め


さて、皆さんご機嫌如何?
お見合いパーティーの話を途中でぶった切ったのはいいけど、続きを書くのが面倒で面倒で仕方のないyapouです。
前半を書いてる時は、暑くて暑くて熱中症で死ぬんじゃないかと思っていましたが、いつの間にか世間は9月になっておりました。
っつーか、もう9月も半ばです。
すっかり秋です。
ここ最近の昼間はまだまだそれなりに暑く感じられますが、夜になると非常に涼しい。
とても寝やすくて助かっています。
家の田んぼは稲刈りも終わり、秋の訪れをひしひしと感じている次第です。
そんな秋も深まる今頃にようやく後編なのですが、これでも頑張ったほうです。
何度お見合いパーティーを無かった事にしようとした事か!?
続き物を書くのがこんなに面倒臭いなんてぇぇぇぇぇっっっ!!!
漫画を週刊誌で描いてる人とか、どんだけのプレッシャーなんだよ。
そうか!
だからハンターハンターの作者は逃g…ゲフンゲフン。
何でもない。
さぁ、それでは張り切って後半行ってみよう!
ドゾー!!

------------------------

お見合いパーティーの会場である筑波国際会議場の場所を確認した僕達は、来るべき戦いに向けて一服し英気を養おうという事になりました。
最寄の駅の近くに、ちょっとしたショッピングモールがあったのでそこでお茶でもしようかと、僕らは国際会議場を後にしショッピングモールへと向かうのでした。
「再びこの場所へ帰ってくる時は戦いの時だ。
道に迷うなんて許される訳が無い!」
そう思い、曲がり角の1つも漏らさずチェックし、道を記憶しながらモールへと向かいました。

《午後6時・ショッピングモール到着》
この時点でパーティーの開始まで1時間ちょい。
お茶して再び向かえば、ちょうど良い時間です。
先の会議場探索でほんのり疲れてしまっていた僕らは、モールを見る時間も惜しみ、一目散に喫茶店へと入店しました。
っつーか、暑いし。
お茶を頼み、一息つき作戦会議を始めます。
人妻(以下妻)「…で、おまえ本気なの?」
ハイ?何がでしょう?
妻「あっ?何がじゃねーよ。本気で恋人探すのかっつーんだよ?」
ヒィィ…滅相もございません。
私の様な生き物が恋人などとは恐れの多い。
妻「だよな。本気だったら自宅警備員はねーよな、プゲラ。」
えぇ、その通りでございます。
こんなTシャツ着てて女釣ろうなんて考える奴はいないだろ?
常識的に考えて…
そんなことちょっとしか考えてねーつの。隙あらば行くぜ!!!!!
妻「俺、どーしよっかなー?
おまえどうすんの?」
え?いや、何がですか?
妻「氏ね、チンカス。んなコトも分からねーのかよ?
キャラだよ、キャラ。っつーか、素じゃ行けねーつのあんなとこ。」
キャラ?キャラでございますね。
俺は勿論無職・自宅警備員・真性基地外に決まってんじゃねーか。
妻「だよなwそうじゃなきゃなwww
んで、俺はどうしようかな???」
んー、別にそのままでもいいような気がするけどな。
俺「舞は?」
妻「soreda!!!!!」
俺「mjd?」
妻「マジでwwwwwwwwwうえっwww」

ここで説明
~舞とは?~
リア友の方々にはおなじみなんですけど、あるSNSでは僕女の子なのです。
いわゆるネカマっちゅう奴ですな。
そのネカマん時にハンドル・ネームが舞っちゅー訳です。
ドコのSNSかは教えない。
なんせ中の人は男なので、男心を擽らせたら恐らくリア女の10倍は上手いハズ。
はっきり言ってバレタ事ありませんよ。
でね、その舞たんなんですが、とにかく頭悪い。
ちょっとメールのやり取りすれば「これはやれる!!!」と、簡単に信じ込めます。
わざとそうしてる訳だから当然なんですけど、とにかく「男好き」・「頼めばやれそう」って頭の弱い部分を猛アピール。
精子脳が釣れる釣れる。
本当に頭の弱い男バッカで、同じ男として情けなくなります。
まぁ、それ以上に舞たんは頭の弱い所を見せつけますがね。
舞たんがどの位頭が弱いのか?
・男と女では態度があまりに違う
・何回聞いても男の乗ってる車を忘れる
・スイーツ(笑)を地で行く文章能力
・日記でさえも、1人称は「まいはぁ~」
・軽く2重人格
お金大好き
電波ゆんゆん
・信じられないほどポジティブ
・公式設定でうんことカレーの違いが分からない
以上はホンの1例ですが、上記の様に人としてどうなのだろう?と考えさせられる女。
それが舞たんなのです。
中の人が言うのもなんですが、こんな女リアルでいたら絶対に関わりあいたくないなと思うほどの逸材です。
でも、世の男はホイホイ引っかかりすぐる。
皆さんもあまりにも美味い話には要注意ですよ!

そんな舞を演じようと言うのかこの女。
…その意気やヨシ!
見事演じきってみせぃ!!
あ、俺の頼んだコーラ来た。
妻「さて、そうと決まれば詳細を詰めなきゃな。
名前も舞たんで行くとして、あいつ相当な電波キャラだからな。」
 「演じるなら相当なインパクトを与えなければならん。」
俺「そうだな。
とりあえず御見合い開始と同時に壁に向かい壁と話し始めるとかは?」
妻「wwwアリだな。」
 「んで、男には今電波来てるの分かりますかぁ?とか聞いてみるか。」
俺「ちょwww私達、同じ電波で結ばれてるね(はぁと とかなw」
妻「wwwよしゃ、それ行こうwww」
とか、どうでもいい話ばっかしてますが、はたと気付けばもう6時30分。
そろそろ行かないと時間だぜ。
なんという大人!
万全に万全を期す、これだけ時間がありゃまず間に合うな。
意気揚々と車を走らせる俺たち。
この道をこう進み、その角をこう曲がり、真っ直ぐ進んだ先には国際会議場が無い
アルェー、おかしいな?
どっか曲がるトコ間違えたかな?
こうきてああきて、あっ、ここか?
ここを反対に曲がれば何処だココ?
道に迷った!!!!
あぁぁぁぁぁ、あんなに道を確認しながら行ったのに!
29歳が2人で確認しながら行ったのに!!
そして時刻は午後7時
遅刻確定ですよ、遅刻。
あれ程遅刻はしまいと万全を期したというのに!
…そのつもりだったのに。
妻「ヲイ、始まってんぞwww」
俺「分かってるっつのwww
っつーか会議場何処だよwww」
妻「…ん?ヲイあれ!」
俺「どれ?アッターーーーーーー!!!」
現在時刻7時05分。
遅刻は遅刻だが、まだ行けるハズ。
急げ、急げ!!
俺「おまえ、とりあえず先行け。俺は車を止めてくる。
分かってるとは思うが、会場じゃ他人だからな!」
妻「おk。では会場で待つ。」
で、俺は会場のすぐ横の駐車場に止め満車
えぇい、ちょこざいな!
なら、その横の駐車jy満車
しょうがないので、会場から徒歩5分程度の駐車場に車を止めました。
この時点で時刻は午後7時15分。
入場させてはもらえるとは思うけど、万が一入れなかったらどうしよう?
人妻さんたら、1人で2時間?プw
いや、笑い事じゃない!
そんなことになった日にゃあ、確実に俺の存在を消される!
(((((((( ;゚Д゚)))))))ガクガクブルブルガタガタブルガタガクガクガクガクガク
少々しょんべんを漏らしながら、会場へと向かう俺。
しかし暑い…
いくら5分程度の徒歩って言っても、こう暑くちゃかなわんなぁ。
もぅ、会場着く前に汗ダクです。
額からは滝の様な汗が流れ出ています。
これはキモイ。
だが、今更会場入りを遅らすわけにはいきません。
っつか、これ以上遅らせたら本気で入れなくなりそうです。

《午後7時20分・国際会議場到着》

国際会議場に着き、パーティー会場を探す俺。
確か4階が会場って書いてあったような…
エスカレーターがあったので、そこまで行くと「パーティー会場は4階です」と親切にも看板が置いてありました。
看板の示す通りに進んで行くと会場と受付が見えてきました。
見ると今受け付けている人もいるみたいです。
せふせふ。
最悪の事態は免れた。
早速列に並ぼうとすると、受付の人に受付の際に記入しなきゃいけない紙があるといわれ何か紙を手渡されます。
「ちっ、メンドクセーな。」とは思いましたが、記入しなきゃ会場には入れてやんねーとか言われたので渋々と記入しました。
名前・住所・年齢等々の記入欄がならんでいます。
何の疑問も持たず本名を記入します。
ここで偽名を使う程、俺は小さい男じゃねーんだよ!
しかし、会場の外は暑い。
紙に書いてるだけなのに、汗が止まりません。
パーティー会場はまさか涼しいんだろうな?
僕が書いてる間にも、参加者が結構来てました。
男女ともに割といるみたいです<遅刻組み。
一通り記入も終わり、いよいよ会場に潜入です。
こちらスネーク。今より会場に入ります。
流れ出る汗をぬぐいながら、記入した紙を握り締め受付の列にならびます。
男と女では、受付が別のようで女の子達は殆ど何もなしで会場へ入って行きます。
ここにも格差社会が!!
次の次が俺の番となった所で、受付の人が驚愕の一言をサラッと言ってのけました。
「では、この後の人は少々お待ちください。女性の方との人数調整を致します。」
ちょwwwそれは予想外w
待てよ、待てよ。
もしもだよ、もしも女の子の人数が少し少ないなんて事になったら、俺入場不可なんてコトもあんのかよ?
それは困る。
そこから更に10分程経過しました。
なんか中が盛りあがっています。
なんかやってる!
なんか中でやってりゅよぉぉぉぉっ!!!
何?何?本気で俺入場できないの???
いい加減不安になってきた頃、ようやく受付再開の一報です。
良かった、本当に良かった。
再び列に並ぶ俺。
俺の前に入場した人、なんか常連みたいで割りびき券を待ってました。
そんな何回も来るほどいいもんなのかなぁ?なんて思いましたが、それってつまり前回までじゃ出会いが無かったってコトだよな?とか考えてたら、俺の順番です。
受付「ハイ、それでは会費5500円になります。」
ハイハイ、5500円ね。
虎の子の5500円を払い、ようやくの入場です。
案内の人に導かれ会場へのドアを開けます。
いよいよ戦場へと突入です。


1歩会場に入ると、そこはちょぃと薄暗く、良い感じに間接照明でライトダウンされていました。
tk、これはあんまり明るくてよく見えるとマズイ人でもいるからか?などと、余計な詮索をさせてくれます。
ザッと会場を見回すと、結構な人数です。
目測で100人以上はいるっぽい。
明らかに定員オーバーです。
その性か、会場内はやたら暑い。
冷房ガンガンを期待していたのに、ちょっとガッカリです。
そういえば、あの人妻は何処に行ったんだ?
取りあえず入場できた事を報告しようと辺りを見回します。
あ、いた。
何やら椅子に腰掛けてボケッ~としてます。
うん、やる気ねぇな。
気付いていないみたいなのえ、ガン見です。
10秒は見ていたでしょうか?
ようやく気が付いたみたいで、目があいました。
これで人妻の方は大丈夫。
後は、決戦に向けて説明を聞かなければ。
しかし、暑い。
喉も渇いてきた。
そういえば、飲み物と食べ物はあるんだったなぁ。
女性は無料と言えど、男からは5500円も取ってるんだからそれなりのものは出るんだろ?
最悪、どうにもならなかったら食い物をたらふく食べて帰ってやる!!
どれどれ、どこにあるんだ?
会場の中央には。大きな細長の机が用意されていました。
アレだな。
本能が食べ物の匂いを嗅ぎ分けます。
思ったとおり、机の上には食べ物が用意されていました。
机の上に並ぶのは、膨大な量のうまい棒
そして、少し離れた場所には


































うまい棒
そして、その先にもうまい棒





































なめてんのか?(゚Д゚)ゴルァ!

うまい棒しか、ねぇじゃねーか!
いや、うまい棒は好きですよ。
俺の好きなチーズ味が多めになってるトコも評価しないわけにはいかない。
だからってうまい棒だけはないだろう?
うまい棒って1本10円だぜ?
一皿に100本近いうまい棒は乗ってるけど、100×10=1000ですよ。
1箇所1000円、税込みで1050円。
それが3箇所で¥3,150-也。
男1人分の参加費にもみたってねぇぇぇぇ!!
どんだけケチなんだよw
婚期を逃がし気味の男女を集めて、出す食事がうまい棒って!
食事はあくまでオマケだから…と、言われればそうだけど、それにしたってうまい棒だけはねぇだろ?
あぁ、も、なんか食べ物はどうでもいいや。
食欲失せた。
でも、まさかジュースぐらいはちゃんとあんだろ?
うまい棒の周りを見渡すと…
あったあったよー!!!
2㍑のぺっとボトルのウーロン茶3つも
あまりにも予想通りで突っ込む気力も出ない。
俺は落胆を隠せず、重い足取りを引き摺りウーロン茶のところまで行って備え付けの紙コップでウーロン茶を飲みました。
5500円でウーロン茶だけですか。
そうですか?
しかし、喉が渇いてたこともあり、そのウーロン茶がやたらと美味しく感じられます。
うわ、俺ショッペェ。
一人で手酌でウーロン茶が進みまくります。
3杯目のウーロン茶を飲んでいる時です。
司会「それでは、遅れて来た人に今回のパーティーの詳細を説明します。」
出陣の狼煙キターーーーー!!!
遂に戦闘開始なんですね!




と、言うトコロでまたまた次回。

------------------------

ゴメンナサイ。ゴメンナサイ。
前回は次回で終わらすと言ったのに、また続きます。
一応言い訳しときますね。
最近、また仕事が忙しくてなかなか日記更新の時間が取れないんです。
今回もどうにかこうにか、ここまで書いたんですが最後まで書くといつアップ出来るのか皆目見当も付かないんです><
なもんで、また小出しにしちゃおうかなぁ…なんて。
次はもうちょい短い間隔で書きます。
目標→今月中
うわっ!しょぼい目標。
後、3分の1だ。
なんとか、モチベーションあげて書くぜ!!
<私信>
マイミクの人妻ちゃんへ。
前回よりも凶暴な感じに描写されてますが、まぁ、気にすんな。
次回はもっと酷いもの。
スポンサーサイト

コメント

続きを早く!

うまい棒ワラタ

なんでうまい棒w?!!!!
お見合いパーテーって、もう少しだけ豪華なものかと思ってましたよ(><;)
次回楽しみにしてます~

本当にうまい棒しかなったの????
うまい棒しかないのに常連さんもいるなんて…

うまい棒糞ワロタ ん?この後はyapouさんの旨い棒が炸裂の予感!?

>Penguin
うん、頑張る。

>とびたQ
たこ焼き味もあったんだぜ?

>たけ☆のこ
俺が聞きたいw

>みにゃこ嬢
うまい棒フェチなんだろう。

>友皮
俺のうまい棒はサラミ味。

うまい棒って、、、。
それ企画したのひろゆきかもしれないw

人妻と聴くだけで可愛い奥様を想像するオレは負け組。

なぬっーーーー。
まぁしゃーない。次回をきちゃいしてるよ!
マジ、行けばよかったといまや後悔の念だよ・・・。
でもあんまし、じらしちゃいやーよ♪

だははははっ∵・(゚ε゚ )ブッ!!

小出しでもイイので 是非続き希望します。

うまい棒との 因縁すら 感じました(;→д←)
お子ちゃまの お誕生日会だって こんなに 貧祖ではないですよ。
'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、(ノ∀`)'`,、'`,、'`,、'`,、'`,、

>らいち
うむ。人妻の響きのエロさは異常。

> TVっ子
よし。じゃあ、次回は参加ね!

>ねぇね
うまい棒はいつまでも俺の心の友であり、最大の強敵(とも)

あ、なんか無性に楽しそうな気がしてきた
野次馬根性がくすぐられる

俺もチャレンジしてみっかな・・・

すげー楽しそうじゃないか!!!!!!!!!!!
次回はオレも連れてけ!
茨城でもどこでも行くぜ!!

>ねっぴ
おkおk。そこそこおもろいよ!
今度は一緒に行こうぜ!

>シンジ
うむ。
2人で女共を潮吹かせまくろうぜ!

次回からyapouのモテモテ珍道中の始まりだな。

>のん
それはな…いや、あるな。

やぽうちゃんとチュッチュチュッチュしたいよぉ

よし、ケツ貸せ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laundrygo.blog69.fc2.com/tb.php/63-d03f5b04

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yapou

yapou

久しぶりの更新ついでにブログの見た目も変えてみました
微妙に見づらい気がしないでもない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。