パパー、緑色の救急車が僕を迎えに来たよー

どうでもいい事を自己満足の為につらつらと書き綴る日記です。 少々、痛い感じなのは気のせいじゃありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘と沈黙

まず最初に謝っちゃいます。
スマン。(偉そう)

え~、本来ならば今回の日記はお見合いパーティーへの凸レポになる筈でした。
結論から言うと、お見合いパーティーに行ってません。
正直スマンカッタ。

一応僕の名誉の為に言っときますと、直前になってビビッてばっくれたとかでは決してありません。
寧ろ行く気満々でした。
ここ最近無い位のやる気と、行くと言ってしまった事への義務感で、そりゃあもうたいそうなテンションでしたよ。
ところがね、肝心のお見合いパーティーが無いのです。
いや、お見合いパーティー自体は腐るほどあるのですが、平日開催のパーティーが見事に1個も無いのです。
もっと厳密に、言うと茨城県内では1個もないのです。
東京まで足を延ばせば、いくらでも開催されてはいたんですけどね。
そこは流石は茨城とでも言うべきか、開催しても恐らく人が集まらないのでしょう。
ネットで茨城のお見合いパーティーで15日に開催されるのを調べたんですが皆無。
ならばと金曜の夜なら1つ位はあるだろうと、次の休みの日も調べたんですがやはりゼロ。
いくら調べても土・日開催のパーティーばかり。
すげーぜ、茨城!
嘘だと思ったら「お見合いパーティ・茨城・平日」でググッてみてください。
本当にヒットしないから。
そのかわり、怪しさ全開の出会い系サイトが糞一杯引っかかりますよ。

しかしね、僕だって悩みましたよ。
県内に無いからと諦めてもいいのか?
あそこまで行くと公言したんだから、無理してでもここは行くべきではないのか?
しかし、1人で東京までお見合いパーティーしに行くのも本当に切羽つまってるぽくて嫌だなぁとか、往復の交通費がパーティー代より高いなぁとか本気で悩んだんです。
で、結局悩んでるうちに当日になっちゃいまして、今日に至ると言う訳です。

しかしながら、1度行くと言った以上は必ず行きます。
ここ最近は仕事も落ち着いて、ある程度休みも融通を効かせて貰えそうなんでどうにかして土・日の休みを1日貰い必ず凸してまいります。
この俺の熱い思いが萎えないうちに行きたいと思いますので、またその時には改めて報告したいと思います。
別に誰も気になんてしては無いと思うのですが、一応報告までに。



さて、いつ日記で凸レポ出来るか分からなくなったお見合いパーティーの代わりといっちゃ何ですが、過去の大人の社会化見学の話でも一つ。
僕と一部友達との間で遥か昔から、密かに行われている大人の社会化見学という物があります。
子供の社会化見学は、働く人を直に見て話を聞き仕事の大変さを知ろうねという子供にとっては良い迷惑以外何者でもない課外授業の一つです。
そんなのは言うまでも無かったですね。

それでは大人の社会化見学とは何か?
コレはパソコン(若しくは携帯電話)の前の大きなお友達が喜びそうなお仕事を実際に行って見て体験してみましょうと言う、どうにか風俗に行く事に理由を付ける薄汚い大人の知恵の事です。実に汚らわしいですね(はぁと

例を挙げて行くと、池袋の普通のマンションの一室を使って行われていた人妻性感マッサージだとか、総額1万円以下と言う病気が蔓延してそうな激安ソープだとか、大阪に居たときにあったその時に流行っていたノーパンしゃぶしゃぶに対抗したのであろうノーパン牛丼だとか、常人なら近づかないであろう修羅場を敢えて訪ねる漢の課外授業である訳です。
ちなみに最後のノーパン牛丼は牛丼食べ放題9,800円と言う吉野家の社長が聞いたら腰を抜かす様なインフレ価格でした。
しかも、お肉パサパサでちっとも旨くなく、食べ放題の筈なのに1杯目すら残さざるを得なく、かつ肝であるノーパンなんぞは店内が薄暗くちっとも見れない鬼ぼったくり仕様となっており、金を溝に捨てるってのはこういうのを言うんだろうなと、帰りの電車でしみじみ思ったのを今でもよく覚えています。
とどのつまり高い金を払ってスリルと笑いを楽しもうと言う大人の娯楽な訳ですよ。

若い内はありあまる性欲と、抑えられない衝動には勝てず上記の様な無茶な社会科見学もしましたが、年齢を重ねるのと反比例して減って行く性欲の性で最近はさっぱりご無沙汰でした。
でもね、こないだ久方ぶりに行って来ました。
とは言え、この所風俗に行く気力がある訳でもなく寧ろそんな金があるんならパチンコでもしようかな?なんて考える枯れた僕です。
昔と比べ、ぐっとソフトにメイド喫茶を初体験してきたんですよ。

話だけは前々から聞いていて、興味はあったんですがなかなか行く機会に恵まれなかったメイド喫茶。
茨城のAボーイを自称する俺様がそれでいいのか?
否、良くない!
そう思いまして、こないだちょいと秋葉原に行く事があったので、無理やり友達を連れて行って来たんです。
2ch発祥の某ドラマで実際に使われたってトコをチョイスして行ってきたんですが(ミーハー)、いや思ったよりも楽しかったです<メイド喫茶。

ドラマで出たからって訳でもないのでしょうけど、なかなか繁盛しているらしくお店に入るのに約30分程度の待ち時間でした。
で、待ってる間は外に順番に列を作って待っているんですが、その間に何回かお店からメイドさんが出てきて「写真撮影はご遠慮くださいね」と説明してました。
まぁ、雑誌にのる様なお店な訳で、そりゃ写真の撮影にも敏感になる罠なんて思ってたら、あれだけ言ってるにも関わらず誰かがカシャカシャ写真を撮り始めたじゃありませんか!
たく、どこの馬鹿ガキだ。この俺様が注意してやる。
全く常識の無いヤツァ困ると思いながら音のする方を振り返ると









































屈強な外人が3人






















しかしね、そんな事でビビル俺では無い。
勿論
おぅコラァ、ファ○ク!
心の中で一喝し、速やかに順番待ちの列の中に溶け込みました。
たくよぅ、肉ばっか食いやがって!
無駄にでかい体しくさって写真なんか取ってんじゃねーよ!
と、無言の抵抗はしていたんですが、何せ体格が違いすぎる。
それよりも何よりも、奴等に言って聴かせられる程の英会話力(英語圏の人かも怪しい)なぞ皆無です。
この時ほど駅前留学しとけば良かったと思った時はありません。
何やら3人で一通り写真を撮った後、何か語で会話をしそのまま帰って行きました。
何も無いトコで突然喫茶店に行列が出来てたら、外人じゃなくても興味が沸くだろうなと一人で納得してました。

徐々に列も前へと進み、入店まで残り5組程になると店の入り口にある椅子に腰掛けて待てるようになります。
もう若くはないので、これは有難いと腰を落とし、一緒にいった友達と秋葉名物おでん缶について熱く討論していたのですが、僕たちの隣に座っている若者(推定年齢23歳)が何やらリュックをゴソゴソとやっています。
別にそれ自体は自然な行為で、特に特筆すべき点は無く気にも留めなかったのですが、次の瞬間、僕を驚愕させ周りの時を止めるスタープラチナばりのアイテムを取り出しやがったのです。
















































            猫 耳 
























こんなの→images[46].jpg





もうそれだけで、俺の視線は彼に釘付けです。
リュックから猫耳って、常時持ち歩いてんのか?
くぅ、やつぁ玄人(バイニン)だな!
流石は秋葉原、俺の想像を遥かに超えた事が起こるぜ!
なんて思ってたら、その猫耳の彼













































当然の様に装着



























           後、
































何やらアニソンを熱傷



































隣の俺、完全に沈黙
驚いた!
あれは本当に驚いた!
想像をし得ないと言うか、猫耳を装着するコトさえ予想もしてなかったのに、あまつさえ他に人がいるのにアニソンを歌い出すとは!

あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!
『おれは奴が目の前で猫耳を出していたと
      思ったらいつのまにか装着していた』
な… 何を言ってるのか わからねーと思うが
おれも何をされたのかわからなかった…
頭がどうにかなりそうだった…
それをメイドさんにあげるだとか横にそいつの友人がいただとか
そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ
もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…


俺も対外ヲタ属性ですが、もうなんかそういうのを超越した何かを感じずにはいられません。
超越ですよ!超越!
超越えるって事ですよ!(何が?)

僕の興味
メイド喫茶<<<<<<<<<<<<超えられない壁<<<<<<<<<<<<<<猫耳の彼




最早メイド喫茶見学なんてそっちのけです。
もう完全に猫耳の彼観察になりました。
横目でチラチラ見ていると、彼のリュック(4次元ポケット)から今度はノートを取り出し何やらメモを取り始めました。
さすがに覗き込むわけにもいかず、内容は確認出来ませんでしたが、きっと崇高な何かが書き記されているのは想像に難くない事実です。


僕らのほうが先に店内に案内され、店の中へ入りました。
本来ならメイドさんの可愛かった事や、料理の質などを書き記すべきなのでしょうが、それどこじゃありません。
一刻も早い彼の入店が待ち遠しくて仕方ありません。

待つこと数分、俺の中でのスターぷりは、既に錦野を越えたあいつが入って来ました。
兄貴、達人って呼んでもいいですか?
達人はやはり猫耳を装着されたままなのですが、それに対するツッコミは一切ありません。
むぅ、やはり、ここでは俺のほうがアウェイ。
あんなの見せられて平然としているなんて、こいつら揃いもそろって出来るじゃねーか!
達人は手馴れた感じで飲み物を頼むと、店内中央にあるノートに何事かを書き始めました。
おそらく、コミュニュケーションノートなのでしょう。
NO.4と銘打たれたそれに、達人は熱い思いを書き綴っているハズです。
いやはや、何と言いましょうか。
超見てぇ!!!!!


達人が書き終わるのを、いまかいまかと待っていると、思いの丈を書き終えたノートが中央に戻りました。
今だ!!!
その時の俺のスピードたるや、俺がスタープラチナ。
おそらくギネスに載れると思う。

ワクテカしながら、開けたそのノートには
○○ちゃん(メイドたんの名前)はやっぱり可愛いね(はぁと イラスト入り
しかも
イラスト超下手糞www
こんな事いっちゃ何ですが、人様に見せていいイラストと見せちゃ駄目なイラストってあると思うんです。
達人のソレは間違いなく後者。
世に言う萌え絵とは似ても似つかない。
メイドたんがスプー(教育テレビに出るモンスター)に見えたよ。
            img743_743[1].jpg

呪いでもかけてんのかと、マジで思った。
僕も絵心はあるほうじゃ無いですが、あれは酷い。
他の書き込みが可愛らしいメイドさんを、書いてるものが多いのでそのギャップが余計酷く感じさせます。

俺が達人の書いた萌え絵を堪能していると、注文したコーラを一気に飲み干した達人が帰り支度を始めているじゃないですか!
は、早ぇっ!
ちょw何をそんなに急いでるのかとwww

達人が向かうレジには、前客の精算を済ませた○○ちゃんのお姿が!
成る程、そういう事すか?
読めましたよ、達人。
そこでも何かミラクルが起きるハズと、身を乗り出して見てたんですが普通に会計を済ませてます。
何事も無く終わりそうな予感にがっかりしていると、会計を済ませた達人が4次元ポケット(リュック)を再びガサゴソやっているじゃないですか!?
来るか!来るのか!?










































猫耳達人「○○ちゃんを書いて来たんだ。ハイ、プレゼント(はぁと」





































呪いの萌え絵プレゼント 





















































メイドさんすげぇ嫌そう






















恐らく欠片もそう思っては無いだろうに、メイドさんたら100万㌦スマイルで達人に「わぁ、可愛い!うれしいな。有難うございます」
その心意気や、メイドの鏡だな!
達人はプレゼント(呪い絵)を渡し終えると、一仕事終えたいい笑顔で店を出て行きました。
勿論猫耳はしたままで。
イラストを渡されたメイドさんはと言うと、ばっちいもんを持つかのごとく親指と人差し指で呪い絵をつまむとそのまま厨房へと消えて行きました。
うん、捨てるね、ありゃ



メイド喫茶見学のつもりが、猫耳観察になってしまった大人の社会化見学でしたがそれなりに収穫はありました。
メイドさん達も遊びでやってんのかと思ったら、ちゃんとサービス業の何たるかを心得てるのが分かった事や、値段も普通の喫茶店とそう変わらない事だとか、思ったよりいいよ<メイド喫茶。
興味のある人は一度行ってみるとイイですよ。
ご主人様になって見るのも、そう悪いもんじゃなんですから。
それに、もしかしたら猫耳の彼に会えるかも知れないですしね。
スポンサーサイト

コメント

それは、行かねば、いや行くべきだ!!

つーか、メイド喫茶で働いてみてぇ---------!!!

あのコスプレには興味が・・・・・。

萌え------------------。

>TVッコ
いや、本当に1度行くべきですって!
っつーか、水戸にもあるらしいですよ<冥土喫茶

猫耳付けてるオタもどきなんてよくいるだろ…

サービス業って大変ですよね。
わだぐじは前に、
いつ撮ったか知らんが、仕事に励む自分の写真をお客に貰ったことがあります。
笑えなかったけど・・・。

<名無し
むしろ俺がオタだぜ?

<のぅと
ちょwwwそれストーキングwww
っつーか、俺もいつも見てるよ!

(*゚∀゚);:',ブハッ! 

相変わらず うけてしまいまつたw

あついなww  yapouがなww 

猫耳に驚くようじゃまだまだですのぉ。
美奈子もメイド喫茶には1回だけ行った事あるけど、普通のとこだった。
メイドはロングスカート派です!

>しゃち
無意味にあついよな、俺。
あぁx、そうだ!死のう!

>美奈子
冥土たんは猫耳+猫の尻尾だった。そっちは可愛かった。
ロングスカートのメイドとは、どす黒いこだわりを感じる。
プロだな!

ほう、あの店か…
そんな猫耳達人がいるなら是非会ってみたいものだな

>しんじ
そう、あのお店。
他が気合の入ってない客ばかりだったから、余計目立ってた!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laundrygo.blog69.fc2.com/tb.php/48-81b6e73a

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yapou

yapou

久しぶりの更新ついでにブログの見た目も変えてみました
微妙に見づらい気がしないでもない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。