パパー、緑色の救急車が僕を迎えに来たよー

どうでもいい事を自己満足の為につらつらと書き綴る日記です。 少々、痛い感じなのは気のせいじゃありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

有頂天ホテル

いつの間にか9月になっておりました。
まだまだ暑いな~なんて油断してたら、めっきり暑さも和らいで来て、夜になれば肌寒さすら感じる程です。
新しい会社にはいり、一月半。
その間に名古屋で研修と言う名の罰ゲームを味わい、マッキーなんてあだ名を頂戴し、ショッピングセンターの中にあるお洒落カフェに可愛い子がいたので毎日通ってるうちに、そのカフェの中で俺がちょっとした有名人になっている事がバイトの子の密告で判明したりしましたが、あっと言う間の一月半でした。

そういや最近、俺が行くとコソコソ喋ってることが多い気がしたんだよね。
ヒャッホー!俺、ストーカー扱い!
ちょっと可愛いからって、調子に乗りやがって!!!
そりゃあさ、毎日毎日¥130のクリームパンばっか食べてたよ!
しかも、俺いい年こいてコーフィーがドリンク出来ないから、毎回オレンジジュースだよっ!!
だからってストーカー扱いはねーんじゃねーの?
あのお釣をくれる時の100万㌦スマイルは嘘だったと言うのか!!
ハッΣ (゚Д゚;) まさか






















微笑み返しがいけなかったのか???
















いや、まさか、でも、そんなバカな…
だってあれは俺にだけくれてる本気のスマイルだったはずじゃ!?
いや、そうだよ。
あんな気持ちのいいスマイル俺の事が好きじゃなk(ry


茨城県でストーカー事件が起こったらきっと犯人は俺です。







さて、仕事にもありつけ意に反してここまでは意外と順調です。
毎日仕事の日々が続くと、ちょっぴりニートの生活が恋しくなってきます。
好きな時間に起きて、好きな時間に寝る。
食っちゃ寝してはやりたい事をする。
あまりに自堕落で人としては最低ですが、忙しくなるとそんな生活をしたくなるのもまた事実です。
まぁ、それは無理としてもフラッと旅行にでも行きたい衝動に駆られます。
暇があるとそんな事を考えもしないのに、時間が無いと無性に旅行をしたくなる。
人間って本当に勝手な生き物です。
まぁ、そんなのは俺だけなのかもですけどね!?


いつだったか忘れましたが、突然「旅がしてぇぇぇぇぇぇっっっっー!!!」と友人が言い出し本当に急に1泊2日の旅行に行った事があります。
旅行と言っても、見知らぬ街でパチンコがしたいってだけの頭に蛆でも湧いてるんじゃなかろーかと言う基地外企画な訳ですが。
しかし言いだしっぺも基地外なら、それに賛同する奴も基地外です。
何故か一人増えて、合計3人で一路お隣は千葉県までパチンコする為だけに車を走らせました。
もう本当にその為だけに。
う~ん、馬鹿の行動力って凄いぜ!


旅行と言っても隣の県です。
片道僅か3時間程度の、寧ろ日帰りでも事足りそうな距離でした。
でも、パチンコする為に片道3時間を走破したと思えば大した距離です。
いい年の男3人が、見知らぬ街の見知らぬパチ屋で大連チャンを夢見て1泊旅行。
なんて感動的な話でしょう!?
レヴェルが低すぎて、幼稚園児ですらも一笑に付しそうです。
馬鹿万歳っ!!!



























千葉まで行ってメチャクチャに負けた訳ですが。

















千葉までの交通費 一人¥5,000
途中で食べたカツ丼 ¥850
俺が負けた金額 ¥70,000
俺たちが無駄にした時間 プライスレス




































こんな事になるんなら、おとなしく近所のパチンコ屋にいってたほうが良かった!!!
3人中2人はそう思っていたハズです。
2人合計でちょっとした海外旅行に行ける金額を負けた横で、10万以上出してたK澤君。
その晩、君に奢ってもらったお酒の味を僕は一生忘れない。
ウフフ、高い酒代だったなぁ(遠い目)


美味しくお酒をゴチになり、いい感じに夜も更けて来ました。
んで、当然、千葉で飲んじゃって車で帰るわけにも行かず、もちろん宿なんて予約してあるはずも無くこれからどうすんの?って話になります。
挙句の果て、1人を除いて殆ど文無しです。
お金が無い僕は野宿と言い張ったんですが、一人で10万以上買ってたK澤君が「僕チン野宿なんて嫌だじょー( ´_ゝ`)」と自己主張をし始めました。
更に「おまえら貧乏人には金を貸してやるから、ビジネスホテルに泊まろうぜぇm9(^Д^)プギャー!」とブルジョワジーっぷりを発揮しやがります。
あぁ、そうですか。
金が無いのはそんなに悪い事ですか?
チックショー!!!資本主義の豚共めが!!!
もうこんな格差社会嫌だっ!
俺は共産主義に逃げる!皆平等な世の中で幸せに暮らすんだ!
そう、将軍様の為にこの身をささgrうわ、何をするやめろ!!!
ちょwそこは違うwww
痛いってやめrくぁw背drftgyふじこlp;@:「」














ふーっ、あぶなかったぜ。
あんまり洒落にならない笑いはこの辺にしておきます。


で、まぁ、10万以上勝ったK澤君が「金を貸してあげるから、ブヒーッとないてごらん豚野朗(はぁと」と言いやがるので、ブヒーッと鳴いて借りたお金でビジネスホテルに泊まる事に相成りました。

3部屋にわかれそれぞれの部屋へ向かいます。
何故か2人は同じフロアーで一人だけ別の階でした。
でね、部屋に着くなりもちろん有料アダルト放送の有無を確認します。
いや、男なら確認しない訳には行かないじゃないですか。
それが礼儀ってもんです。
で、そこのホテルは一度部屋から出てフロアー毎に置いてある、プリペイドカードを買ってそれで見るシステムでした。
その胸ワクワクの愛がギッシリ詰まった素敵カードのお値段は、なんと一晩1,000円ポッキリ。
本来ならば、人様からお金を借りてる分際で決して見ていいシロモンじゃあないんでしょうけど、漢なら見らいでかっ!!!
ここでオメオメと泣き寝入りする様な男なら、死んでしまった方がましです!
例え次の日の食事を1食抜く事になろうとも、今この時、色とりどりの夢がどっさり詰まったエロスチャンネルを見る。
それでこそ漢と言う生き物なのです。


「♪レッツトライトライトライ 摩訶不思議~」
鼻歌混じりでプリペイドカード売り場へ突撃すると、10万以上勝ったK澤君が同じくプリペイドカードを購入する所に出くわしました。
一人は大勝ち、一人は大負け。
資本主義の勝ち組と負け犬のごたる2人ですが、やっぱり元は同じ志を持った漢達だった俺たちです。
そこに言葉はいりません。
僕はそっと影に隠れるとK澤君の行動を見守る事にしました。
彼は俊敏な動きで1,000円札を取り出すと、軽やかな手先でカードを購入しました。
そして足早に部屋へと戻っていきます。
「やってやるぜ!!!」と、去り行く彼の背中はただそう語っていました。
漢達にはそれだけで十分なのです。
戦士は拳と拳で語り合うものと、大昔から相場は決まっています。
ただ僕達は拳の変わりに、プリペイドカードで語り合った。
それだけの事なのです。
僕は心の中で、戦場へと向かう戦士に力いっぱいの敬礼をしていました。



まぁ、正直、他人の事などはどうでもいいんです。
俺も早くカード買って帰って、めくるめくエロスを堪能しなきゃ!
カード自販機に1,000円札を投入し、これからやってくる大いなるアドヴェンチャーに胸を躍らせ購入ボタンを押します。
自販機から払い出されたカードを手に取ると、一目散に部屋へ逃げ帰り鍵をロックします。

さぁ、これで邪魔する物は何も無くなった!
行くぜ!エロスの海へダイブだ!!!
逸る気持ちを抑えてテレビの横に付いてるカード挿入口へカードをイン!!
焦ってるからかなかなか上手く入りません。
ウフフフ、こんな事で興奮してるなんて俺もまだまだ子供だな。
なんて訳の分らない感慨にふけりながら、もう一度カードをインサート!!






























入らねぇぇぇぇっっっ!!!






















なんで?
なんでなんで?
カードの向きが違うのか?
それとも購入するカードを間違えたか?
あれこれ試すのですが、一向にカードが入っていく素振りを見せません。
う~ん、まいったなぁ。
諦めて寝ようかとも思いましたが、虎の子の1,000円を叩いて買ったカードを無駄にする事が出来ようか?
いや、出来ない(逆接)
よし、あの男に連絡だ!!

「あーっ、K澤君?あのさー、さっきカード買ってたじゃん?
あれって何処にいれんの?俺んトコのテレビ受け付けてくんねーんだけど。」
K「ちょwwwなんで知ってるんだwww」

電話してても一向にラチがあかないので、10万以上勝ったK澤君に部屋まで来て貰う事になりました。
10万以上勝ったK澤君は、恐らく僕とは人間の格が違うハズなのできっと何とかしてくれるに違いありません。
10万以上勝ったK澤君は、カードの向きを変えたり力一杯押し込んでみたり一通り僕と同じ事を試した後
「これ駄目だわ。諦めたらwww」
と、僕にいとも簡単に戦場からの撤退を促すのです。
そりゃね、10万以上勝ったK澤君なら1,000円なんて便所紙程度の価値なのかもしらんがね。
僕に取ってみれば、命を削って獲た1,000円なんですよ。
魂の籠められた1,000円な訳ですよ。
それを諦めろなんて!!!
やっぱり人はお金を持つと変わっちまうんだ!
あの時、拳で語りあった事なんて忘れちまうんだ!!!
大人って汚いよ!
僕はそんな大人にならないんだっ!
それにしても相変わらずカードが入らない。
俺も流石に諦めようかと思ったその時です。
K澤「よっしゃ、フロントに電話だぜ!」
言うが早いか、俺の意見も聞かずに内線してるじゃないですか!
ちょwww何もそこまでwww
これじゃ、まるで俺がエロ放送を見たくて見たくて堪らないみたいじゃないか!
K澤「えぇ、そうなんです。カードが入らなくてね。」
内戦を切ると資本主義の犬は僕に向かってこう言うんです。
K澤「フロントの人すぐ来るってさ!」
うわぁー、エロ放送見る為にフロントの人まで読んじゃったよ。
俺的には、そろそろ諦めて寝ようと思ってたのに。

暫くすると静寂を切り裂くインターフォンが鳴りました。
フロント「すいませーん。カードが入らないって聞いたんでお伺いしました。」
K澤「おぅ。頼むよ。」
既に僕の意向は微塵も反映されていません。
フロントの人はテレビの前に立つとカードの向きを変えたり力一杯押し込んでみたり何回目かの一連の行動をすると
「あ~、これなんか詰まってますねぇ!」
あぁ、そうなんだ。
じゃあカードは入らない訳だ。
分りました。それじゃ仕方ないですよね。
今度こそあきr「ちょっと待ってください!今工具をお持ちします!」
そう言うとフロントの人は工具を取りに戻って行きました。
いや、マジで大事になってきたぞ。
別にそこまでしてくれなくてもいいのにねぇ。
なぁ、K澤君?
K澤「もう眠いから寝るわ。おやすみ。」
工エエェェ(´д`)ェェエエ工
おまえ、最後まで付き合っていかねぇのかよっ!
フロントの人を呼ぶだけ呼んでおいて、眠くなったら速攻睡眠ですか?
ふふっ、人はお金を持つと変わっちゃうんだね。
あれっ、なんだ?
今、軽いデジャヴュが!?
10万以上勝ったK澤君が部屋に戻るのと、入れ替わりにどこの工事に行くんですか?と聞きたくなるような重装備でフロントの人が戻ってきました。
っつーか、お前はただのフロントの人じゃないのか?
もしかしてあれか?その道のプロなのか?
そうかそうか、それだけの重装備を使いこなす程の達人ならきっと俺にエロ放送を見せてくれるに違いない!
フロント「お待たせしました!」
達人はその重装備の中から、ドライバーを取り出すとテレビに付いてるカードを投入する機械を取り外し始めました。

ガキィィィン
ボコッ、メシャッ、ドゴゴゴォォ
え?ハイ?
何か凄い音がするんですが?
何となくテレビとカードユニットを取り外すだけの作業をしてるだけじゃ、聞こえてきちゃいけない音の様な気がするんですけど。
グギョオオオォォォ
メキメキメキメキ
おいおいおい!
ぶっ壊してんじゃないだろうなぁ?
大丈夫なのか?
凄く不安になって来ました。
何かの解体ショーを見てる気分です。
なんで客の俺がこんな心配しながら、ことの成り行きを見守らなきゃいけないのでしょう?
相変わらず戦慄の破壊音がこだまする中、テレビとカードユニットの分離が終わろうとしています。

メキョ ドギョーーーン
今までで一番の豪快サウンドと共にカードユニットがテレビから取れました。
でもね、その時フロントの人がポロッと口にしたのを僕は聞き逃しませんでした。
































あっ! 



























ねぇ、お前今壊しただろう?
なんだ あっ て!?
なんで、そんな不安げな表情でテレビを見つめてるんだ?
なんだか、取れたってよりはもげたって表現がしっくりくるカードユニットが床に寂しげに転がってます。
一瞬の静寂が流れた後
フロント「お客さん、茨城からいらしたんでしたっけ?僕も茨城の人間なんですよぉ!」


































そんな事聞いてねぇし聞きたくも無い!

















おまえが茨城の人間だろうとなかろうと、そんな事はどうでもいいんだよ。
ましてや、ひたちなかってトコの出身でちょっとご近所さんだった事もどうだっていいんだ!
挙句の果て、良く行くラーメン屋も同じでそこの話題でほんのりと盛り上がった事もどうでもいいんだっ!!

絶対にこいつテレビをぶっ壊した。
あの音はそういう音だった。
おぉい、俺のエロ放送は?
どうすんの?どうしてくれんの?
っつぅか、まさか買ったカードもこのまんまって事はないだろうな?
なぁ?
フロント「アッー、カード入れるところの中に500円玉が入ってたっ!!たまに間違うお客さんがいるんですよねぇ!困ったものです。故障の原因になるんですよねぇ。」




















ナイス責任転嫁!

















たった数秒の会話の中で、壊れた原因は500円玉を入れた推定オッサンである事を俺にアピールしやがった!
あくまで、客のミスであると俺の分解ではないと、そう俺にインプットしてきやがった!
むむぅ、こいつなかなかの策士だな。侮れん。
フロント「あ~、この500円はお客様に差し上げますよ(はぁと」






























お次は買収ですか?






































OK!商談成立



















たかが500円。されど500円。
地獄の沙汰も金次第。
憂い奴よのぉ。この世の渡世術をわかっているじゃないか。
オッケーオッケー。
テレビの故障の原因は500円を入れた馬鹿客だ。
おにぃさんはそれを取り除いただけ。
俺は何も聞いてないし、何も目撃していない。


フロントの人が、テレビにまたカードユニットを取り付けながら、俺に部屋変えましょうか?と聞いて来ました。
いや、そこまでしてエロ放送を見たい訳じゃないし、寧ろ俺がそんなにエロそうに見えますか?と軽く自己嫌悪に陥りそうになりましたが、取りあえずは部屋はそのまま、朝にフロントでカード代1,000円を返して貰うと言う事で話はまとまりました。

合計で2時間以上睡眠時間を削られた上に、結局エロ放送を見られなかった事への賄賂が500円じゃ安い気もしますが、もう眠くなったし1,000円帰ってくるからいいかと、その日は眠りに付きました。



あけて次の日、僕らの小旅行は残すところ、茨城への復路だけとなり、なんだかちょっぴりセンチな気分になりながらチェックアウトしようとフロントへ降りて行きました。
呼び鈴をならし昨日のお兄さんを呼びます。
暫くすると中から











































お姉たん、デテキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!



















え?昨日のあんちゃんは?
























お姉たん「yapou様ですね?お話は伺っております。1,000円です。どうぞ(・∀・)ニヤニヤ」






































何を伺っておるんでしょうか? _| ̄|○


















何だよ?何だよ?
そのニヤニヤ笑顔は?
どうせある事無い事、あの糞野朗が吹聴してんだろ!?
「夜、夜中までエロ放送を見たくて騒いでるヴァカがいたんだよ。結局見れなかったんだけどな(プゲラ」
みたいな話になってて

m9(^Д^)プギャー!変態がキタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!!

みたいに思ってるんだろう???
その笑いはそういう笑いなんだろ?
































興奮してきた!




























いや、興奮してんじゃないよ、俺!
そうじゃないだろ。
ともかくこんな所から、一刻でも早く脱出しなければ!
このままお姉たんに罵られたら、恥ずかしくてイッテしまう。
違う!そうじゃなくて!
あ~、もうなんでもいいから早く出よう。
10万以上勝ったK澤君と、もう一人の友人と逃げるようにその場を去りました。

それにしても、恐るべきは夜のフロントのにぃちゃんです。
俺は彼の事を黙っててあげたのに、あまりに酷い仕打ちです。
きっと暫く、休憩所の話題は俺が独占してたハズです。
一体俺は、千葉まで来て何をしていたんだろう?
考えると鬱になりそうなんで辞めましたが。






昔の人は曰く、旅の恥は書き捨てなんて事を言います。
僕も千葉で捨ててきたはずなんですが、10万以上勝ったK澤君は未だにこの話を引っ張りだしてきます。
この資本主義の豚め!

みなさんも旅先だしいっか~なんて軽い気持ちで旅行してると、とんでもない赤っ恥を書く事になるかもしれませんよ?
それにしても、そろそろ旅打ちに行きたくなってきたな。
皆さんもこの秋は、色々な所への旅行なんて如何でしょうか?
スポンサーサイト

コメント

久しぶりにお腹かかえて笑っちゃいましたよ!!

ステキな旅行でしたね~(´▽`)
7万負けってすごい・・…(><;)

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://laundrygo.blog69.fc2.com/tb.php/37-74b242db

 | HOME | 

Calendar

« | 2017-08 | »
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yapou

yapou

久しぶりの更新ついでにブログの見た目も変えてみました
微妙に見づらい気がしないでもない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。