パパー、緑色の救急車が僕を迎えに来たよー

どうでもいい事を自己満足の為につらつらと書き綴る日記です。 少々、痛い感じなのは気のせいじゃありません。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逝く年来る年

ってタイトルの日記を、今日書く奴は腐る程いるんだろうな。
俺もその一人です。
別に反省はしない。
本日は特に書くこともないのですが、年内に一度更新しとくのが礼儀かと思い眠い目を擦りながらキーボードを叩いてます。

ここんトコ、仕事が忙しさのピークを迎えてまして、毎日が起きる→仕事→就寝の無限ループなのです。
これはもう客商売をしている以上は、この時期(年末年始)致し方無い部分なので年が明けるまでは我慢の時です。
そんな訳でして、今日の日記は本当にコレでお終いです。
ネタもなけりゃオチもありません。
現在、12連勤の途中でブログを更新するのも歯を食い縛ってやる感じなので、そこはご勘弁いただきたいと思います。




もうすぐ年が開け2007年になりますが、皆さんにとって2006年はどんな1年でしたか?
僕は以前の会社を辞め、新しい仕事を始める等色々あった年でした。
楽しかった人も辛い1年だった人も、来年は実りある充実した1年にしたいモンですね。
願わくばこのブログを見てくれている人全員が、幸せに包まれた幸福な1年を送る事が出来ますように!!
そしてこの僕にもホンのちょっぴり幸せが訪れますように!
それでは皆さん良いお年を。
スポンサーサイト

今週号のマガジンは、先週が合併号だから出てないぜ

危うく同じもの2冊買いかけたよ。
今回は気が付いて確認したので、事なきを得ましたが今まで何度同じ過ちを犯した事か。
全く訴えるぞ、出版業界!!
本当に裁判したら、余裕で負けるんだろうな、俺。



さてさて、日記で俺が学習能力が無い事をわざわざアピールしたくて更新してる分けじゃありません。
ようやく決まりましたよ。
何がって?
クリスマスのネタ企画ですよ、奥さん。
恐らく、誰もんなの気にもしてないとは思うのですが、一応すると言った以上はやるのが男。
幾多の紆余曲折を得て、とうとう至高の企画に辿り着きました。
それでは発表したいと思います!!






































ラブ・ストーリーは突然に~お見合いパーティへ潜入せよ 























と言う訳なので、お見合いパーティへ逝って来ます。
っつか、お見合いパーティッて何?って方へ。

カップリングパーティーとは、結婚または交際を希望する男女が一堂に会してカップル成立を目指すパーティである。テレビ番組「ねるとん紅鯨団」を原型として全国に広まったことから、ねるとんパーティとも呼ばれる。16年ほど前からニッチな産業として全国の主要都市で定着している。参加者は全国で年間80~100万人(リピート客含む)以上と考えられ、昨今の晩婚化や離婚率の上昇を追い風にますます拡大傾向を見せている。

と、言う物です。
以前より、その存在自体は知っていましたが内容がよく分からない。
お見合いパーティって何するのん?
そういう人は大勢いるハズです。
私yapouも例外では無く、そゆのがあるって事は知ってはいました。
んが、そんなんに頼るなんて負け組みのする事だ。
俺は自力で可愛い嫁を見つけて見せる!!
死んでも世話になんかならんと、多少見下してた感がありました。

だけどね、何事も経験だと思うんです。
それよりも何よりも、お見合いパーティって何をする所?
どんな人が来るの?ちゃんとカップルは出来るの?
っつーか、サクラばっかりなんちゃうん?と幾多の気になる点を解明したい。
誰かがやらねばならない!
そんな正義感に突き動かされて、今回の決断となったのです。
べ、別にこないだ休みの日に久しぶりに家族で食卓を囲んだら、従兄弟の話から、従兄弟の彼女の話になり、予想通りそこから俺に彼女はいないの?だとか、30までには何とかしてほしいもんだわ。だとか俺も生きてるうちに孫が見てぇな。
そういえば、K沢君(友人)も彼女はいないの?
いつまでも、男2人で遊んでたんじゃ仕様がないわよね。
だとかだとかだとか、飯食いながら死にたくなったからじゃ断じてありません。
あぁ、もう家に帰りたくない。

でもさでもさ、みんなだって気になるじゃん?
お見合いパーティーの内情が気になって気になって、夜も眠れないハズじゃん。

だからさ、俺は嫌なんだけども、みんなの為に行ってくるよ!
嫌々ながらだけど、お見合いパーティに特攻かけてお見合いパーティの裏の裏を探ってくるよ!本当に嫌々なんだぜ。
ディープな世界を突撃レポートするよ!
そしてあわよくば、aiko似の彼女を…フヒヒヒヒ。



クリスマス記念企画なんで、どうにかクリスマスに間に合わせたいなと思い、いろいろと調べてみました。
最近のお見合いパーティって、ブームなのか何なのか知らないけど、結構大人数なのな。
大体参加人数は、100~で男50の女50とかってのが殆どです。
勝手なイメージで、10人位の少人数でチマチマやるもんだと思ってたんだけどそうでもないらしい。
参加費用が、男は\5,000~高くても¥10,000以内。
女性は無料の場合が殆どです。
もっととられるもんかと思ったら、割と良心的でしたよ。

肝心の日程なのですが、水戸周辺では見つからず、千葉・東京辺りも検索したんですがクリスマスまでに間に合うパーティはありませんでした。
参加できる(まだ予約を受け付けている)パーティは、少なからずあったのですが如何せん時間が厳しい。
もうクリスマスまで休みがないので、夜の時間帯のパーティじゃなければ無理なのですがそんな遅くから参加できるパーティは残念ながら皆無。
僕の仕事が終わるのが、どんなに早くても午後9時。
そんな時間からパーティしましょうなんて人がいるはずも無く、最大の目的であるクリスマスに無礼講は出来そうもありません。

しかし、私yapouはやると決めたら必ずやります。
クリスマスは無理でも、年内には後2回休みが貰える予定です。
そこでも無理なら、年明け早々にでも必ず突撃致します。
参加する日時・場所を決めたら自分へのプレッシャーの意味を込めてこのブログで晒します。後戻りなんてしないもん。
やってやるぜ!




なんだかんだと、言ってますが前から一回こういう企画物みたいなんやってみたかったんだよね。
ブログのネタに出来るっていう大義名分があれば、色々とやりやすいし、2度とやらないかも知れないし、1回位は社会派を気取らせてください。
あぁ、そうそう、クリスマス当日も何かちょっとした小ネタでお茶を濁そうと思います。

賢者の贈り物

クリスマスなんて糞食らえ!
上品に言うとウンコお食べになって!
そういう気持ちで立ち上げたクリスマス記念ブログネタ企画、ですが、なかなかいい案が浮かばない。
2,3考えてる事はあるのですが、あまりおもしろい様な気がしません。
やはり一人で考えてると同じようなヴェクトルを向いてしまいがちです。
三人寄れば文殊の知恵とも言いますし、1本ではこんなに簡単に折れてしまう矢も3本になれば、ほらこの通りなかなか折れません。
おい!桜の木の枝を折ったのは誰だ?
ハイ、僕です。
おお!さすが我が息子!良く正直に言ってくれた!
やってしまった事は仕方ない。それを反省する気持ちが大切なんだよ!



































っつーか、どんだけ親馬鹿なんだ!!



















取り乱しました。
取り合えず候補案です。

1.性なる夜大作戦~そうさ、僕らは一人じゃない

何のこっちゃ分かりませんが、テレクラで寂しいギャルをゲット大作戦です。
今日日テレクラなんて下火もいいトコロ。
一昔前なら、街中いたる所にテレクラの看板がぶら下がっていたもんですが最近じゃテレクラを探す事すら至難の業です。
探す事すらままならない上に、最近はサクラしかいないらしいテレクラ。
そんな哀愁たっぷりのテレクラに、12月24日、正にクリスマスのその日、突撃しようじゃないかと言う企画です。
テレクラにいるってだけで素人じゃない予感がプンプンしますが、そのサクラを口説き落とし一緒にクリスマスケーキを食べようではないかと。
僕も寂しいが、本当は君も寂しいんだろ?
さぁ、共に歌おう『清しこの夜』を。

ただ、この企画の弱点は万が一口説き落とせてしまった場合ブログのネタに出来ない恐れがある事です。ウヒヒ。

2.クリスマスだよ全員集合~夜は墓場で大パーティ

一人肝試しです。
比較的近場に有名な心霊スポットがあるので、そこにケーキと三角帽子を持参で特攻。
一人でクリスマスパーティーを満喫しようじゃないかという企画です。
いえ、もしかしたら一人じゃないかも知れない訳ですが。
デジカメ持参で、後日パーティーの様子をレポします。

3.恋人達のクリスマス~俺が祝福してやるぜ

ストリートライブ。
楽器なんかひけませんが、ストリートライブ。
恋人達がチュッチュッチュッチュッしてるであろうデートスポットに、弾けないギターを持って赴きドリカムを熱唱してきます。
目の前の缶にお金が入れば俺の勝ち、入らなければカップル達の勝ちです。
ただこれは、証拠となる写真その他が必要になるので独りじゃできません。
よってこれのみ2人もしくは、3人でやらせて貰います。


う~ん、どれも今一なんだよなぁ。
まぁ、そんな訳で自分でも考えてますが、随時ネタは募集中です。




ところでクリスマスと言えば切っても切り離せない人物がいます。
皆さん良くご存知ですね。
そう、サンタクロースです。
全身赤の衣装に身を包んだ髭面のお爺さんと書くと、ただの不審者ですが、世界中の子供にプレゼントを配ってあるく夢と魔法の第一人者みたいな人物です。

誰もが知ってるそんなサンタクロースですが、皆さんいくつになるまで信じてました?
幼い頃はクリスマスの朝、枕元にプレゼントがあると、あぁ、今年もサンタさんは来てくれたんだ!
なんてドリーミンな事を思ってましたが、いつの日かプレゼントを持って来てたのはおとうsaうわやめろなにをする!ちょwいたいくぁw背drftgyふじこlp;@:[]


あれ?何だろう?
妙に頭がすっきりするなぁ。
今年は僕の所にもサンタさん来てくれるかなぁ?
ウフフ、楽しみだなぁ(はぁと

今じゃこんなすれたおっさんですが、こんな僕にも夢見る少年時代がありました。
毎年、クリスマスの朝になると枕元にプレゼントないかな?とワクワクしながらおとうsサンタからのプレゼントを心待ちにしたもんです。

今となっては、毎年何を貰っていたのか全く思い出せませんが、1つだけ今でもはっきりと覚えてるプレゼントがあります。
あれは忘れもしない小学4年生のクリスマスです。
小学生も4年生にもなると、クリスマスの仕組みも何となく分かり、いかに自分にとって都合の良いプレゼントを用意させるかといやらしい計算を始める時期です。
小さい頃からゲームっ子の僕は恐らくその年も、ゲームの催促をしてた筈です。

クリスマス前夜、「明日の朝、目が覚めたら前から欲しかったあのゲームが出来るんだ」とワクワクしながら眠りについた僕がいました。
思い出すに、なんて真っ直ぐで汚れのない純な子供だったのでしょうか?
今の俺が見たら、きっと10万位小遣いで渡してやるに違いありません。
子供の俺に萌える。

楽しい夢を見ながら迎えたクリスマスの朝、ピュアボーイの俺は眠い目を擦りながらドキドキして枕元を探します。
さぁ、僕のゲームは何処にあるんだろうと。
それは、すぐに見つける事が出来ました。


































でけぇ!





















いや、ちょっと待て!
箱がデカいぞ。
明らかにゲーム以外の何かが入ってる大きさなんですけど。
その頃のゲームと言えばファミコンの事を指すと言っても過言ではない位、ファミコンブーム真っ只中。
今のヤングには馴染みが薄いかもしれませんが、僕らはファミコン世代の代表みたいなもんです。
世の中にCDロムやらDVDロムなんて物が波及するずっと以前の産物の為、ファミコンのソフトと言えばロム・カセットしかありませんでした。
そのロムの大きさと言えば、精々10数㌢です。
パッケージを入れた所で20㌢を越える事はどう考えてもありえません。
しかし、目の前にある物体は優に40㌢はオーバーしてるであろう長方形です。
やってくれるぜ!
目が覚めた瞬間に鬱になるなんて、なかなか出来る事じゃない!
サンタさんは、それを平然とやってのける!
そこに痺れる、あこがれるぅぅぅっ!!

くそ!さりげなくゲームが欲しい事は伝えたハズなのに!
上手く伝わらなかったのか?
遠回しな表現がいけなかったのか?
やはり気持ちは真っ直ぐ伝えるべきだぜ!
と、色々考えは巡りますが、目の前には物こそ違えどプレゼントが用意されてます。

ここは気を取り直して、目の前のプレゼントの中身を確認してみるか。
もしかしたら、俺の度肝を抜くような一品が入っているかも知れないしな。
そう前向きに考えて、プレゼントの包装を破ります。
ガサガサ、ビリッ、ガサガサ…
それにしてもでけぇ箱だなぁ。
ガサガサ…


































ジャガー・Σ























    orz


通学用の靴ですか?
ジャガーΣの詳細




















ジャガーΣを知らない人の為に少々説明しときます。
田舎の学生達は、みんなこれをはいていたであろう王道学校指定運動靴。
軽量・幅広・かっこ悪いと3拍子揃ったいかした靴なのです。
しかも小学生の頃は、白色がデフォだったので今さっきジャガーのリンク先をみるまでは白しか無いと思っていたよ。
実は何色もあるんだね<ジャガー。

そんな学校通学用指定ダサい靴のジャガー。
夢とファンタジー一杯のクリスマス・プレゼンツがこんなもんで良い筈あるってのかい?
こんな生活感で一杯のプレゼントなんておかしいだろぅ?
小学4年生が目を覚ました瞬間に鬱になるなんて、そんなの悲しいよ。
悲しすぎるよ!
そうは思わないかい?ママン?







ママン「靴がボロボロだったからね、それがクリスマスプレゼント。」































僕の子供心がボロボロです。



















本当にその年のプレゼントはジャガー・Σだけでした。
その日、僕は枕を涙で濡らしながら来年こそはと硬く心に誓うのでした。

























2度とクリスマス・プレゼントは無かったけどな。

























そんな訳で、僕の人生に於いて最後のクリスマスプレゼントになったジャガー・Σです。
因みに弟もジャガーを貰ってました。

思い出すと今でもセンチな気持ちになる小学4年生のクリスマスです。
今ではそんな僕も立派な大人になって、いや立派は言い過ぎた。
人並み以下ですが大人になりました。
そして、大人なんでクリスマスにプレゼントをあげる人の、1人や2人や3人や100人いたっておかしくはないのですが、あいにくとそんな人はいません。

べ、別にだからってやけくそで、クリスマスになにかやる訳じゃないんだからね!
わ、私がやりたいからやるだけだもん!
だ、だからさ、あんたもクリスマスに一緒にいなさいよ。



いつの日か、いや来ないかもしれませんが。
僕が将来お父さんになって、子供にクリスマスの仕組みを教えなければならない日が来たらジャガーの話をしてあげるつもりです。
取り合えずその相手を探すのが先だな。
サンタさん、もし願いを聞いてくれるなら、どうか今年は僕に嫁を持ってきてください!
(´人`)
あぁ、そうだ。
でっけぇ靴下用意しとかないとな。

死に至る病、そして

ぶっちゃけ、こんなハイペースでブログの日記をアップなんて正直しんどい。
この頻度で更新するなんて、めんどくさくて死んでしまいそう。
でもね、俺はやるの。
俺はやれば出来る子。
自分で言い出した事だから、例えこの身が滅びようとも更新してみせるよ!



























以上、日記終了。























と、ものの5分前に本気で上の日記をアップしましたが、やはりそんなんじゃ駄目だと思いまたキーボードをだかだか打っています。
別にこの俺が生きようが死のうが、皆全く興味の範疇外だとは思うんですが、まぁ、好きにやらせて貰います。

それに、世界には、いやこの狭い日本でさえも本当に生き死にの病気を患っている方がたくさんいる事でしょう。
それなのに、たかだか忙しいだとか忙しくないだとか、本当にどうでもいい事で生きる・死ぬなんて甘ちゃんもいい所です。
なんだか書いてて自分が情けなくなってきましたが、そうやって考えれば、元気でこんなくだらない日記を書けるなんて幸せな事なんだと思います。


幸いな事に、私yapouは生まれてこの方、大きな病気をした事がありません。
28年で思いつくのは、幼い頃に患っていた小児喘息位です。
それだってほぼ完治しました。
まだ、本当にたまーに咳き込むと発作の様になり息苦しくなってしまう事がありますが、まぁ、日常生活には支障のないレベルです。

多くの人は大なり小なり、持病の様な物を持っていると思いますが、大人になり社会人になると思いもかけず患ってしまう病気があります。

そう、いわゆる職業病です。
僕は小売という仕事に従じてそこそこ長いのだけれども、なんだかふとした拍子に「いらっしゃいませ」と言う単語を発してしまいます。
お店に来て頂いたお客様に先ず発するお出迎えの言葉であり、仕事をしていると恐らく1日で一番使う言葉です。
小売の仕事をしている人ならこの感覚分かってもらえると思うんですが、長年発し続けていると無意識の内に口を吐いて出ちゃうんですよね。
パブロフの犬ってあるじゃないですか?
パブロフってエロイ学者さんが、犬を使って行った実験でワンコにベルを鳴らす度に餌を与え続けていると、そのうちにベルが鳴るだけで餌を貰えると思って涎を垂らすようになる。
ワンコもちゃんと学習するんだね!って実験ですが、どうやら犬畜生以下の僕でも多少なり学習する力はあったようで、今では店にいて人の気配がすると、無意識下で「いらっしゃいませ」の言葉が出てしまいます。

一度刷り込みをされた物ってのはなかなか強力でコンビニで立ち読みなんかしてて自動ドアが開いたりなんかすると「いらっしゃいませ!」
言った後にハッとするんですが、誰も気づいてなけりゃ幸いで、入ってきた人に気づかれたりした日には漫画もそのままでそそくさと逃げるように店を出ます。

この間も、連日の激務に疲れ果て、さてトイレで用足しして休憩するかとお手洗いに向かいました。
僕の働いているショッピング・センターには、お客様用のトイレの他に従業員だけが使えるトイレもあって余程の事がない限りはそちらのトイレを使用します。

トイレの中は流石に客の目も無く、完全に無防備。
気持ちいい位にどフリーです。
その気の緩んだどフリーの状態で、用を足し終え、さぁ飯食いに行こうかとトイレのドアを開けた所、他のショップの店員が目の前を歩いていました。
恐らく服飾系のショップの店員であろうなかなかに可愛らしいお姉さん(しょこたん似)だったので、当然ながらドス黒い下心を丸出しでお疲れ様ですっ!と、満面の笑みで挨拶をしてやりました。

いや、挨拶したつもりでした。
心身共に疲れ果てていた僕は、お疲れ様ですと言ったつもりで全く別の言葉を口走っていたのです。


































いらっしゃいませ!!!
















































ちょwww何処に招き入れるつもりなんだよ、俺



























トイレのドアを開けながら、100万㌦スマイルで「いらっしゃいませ!!!」
どう少なく見積もっても、しょこたん似のお姉さんを狙ったド変態です。
ただでさえ、職務質問を過去に2度もされた実績を持つこの俺です。
例えそこが何も無い場所だったとしても、しょこたんが逃げ出すには十分な如何わしさを持ってるのに、あろうことかトイレ。
しかも、狙って出てきたかのタイミングで「いらっしゃいませ!」
どれだけ贔屓目に見てもDO変態以外の何者でもありません。
これが、見知らぬ土地なら知らんプリしてスタスタ歩いて行く所ですが、そこは従業員のみ使える通路。
それだけじゃ無く、男性用トイレの前。
もっと正確に言うならば、俺の体はまだ半分トイレの中に残ったままです。
怪しい、怪しすぎる!!

俺の普段は全く使われる事の無い脳みそが、NASAのスーパーコンピューター並みの速度である一つの答えを弾き出しました。


逃げろ!!


早く!そして遠くまで!
しょこたんはあまりの出来事に歩みを止めている。
今なら、まだ顔を見られたと言ってもほんの一瞬だ。
まだ間に合う!逃げろ!
顔を記憶させるな!何処の店舗か特定させるな!逃げろ!
僕は走りました。
ここ最近、出した事のないスピードで走りました。
あの時の僕はカールルイスより早かったと思います。
走りながら、そういやYシャツにネクタイで働いている店舗は少ねぇなぁ?とか、名札見られてねぇよなぁ?とか色んな事が頭をよぎりましたが、それを確認する術は無く、神にも祈る気持ちでお昼のカレーを食べに行きました。
涙で味なんか分かりませんでした。
その後、ショッピング・センターの警備員が店の前を通る度にガクブルしてましたが今の所大丈夫みたいです。
通報こそされてないようですが、絶対しょこたん笑いのネタにしてるんだろうな!?
だがそれがいい。


上記のようにいらっしゃいませも反復する内に無意識のものになりますが、小売の仕事にはあと一つ欠かせない反復事項があります。
電話に出る事、これです。
お客様からの電話、他店からの電話、本社・上司からの電話。
電話に出ると言う事は、そのお店の窓口になるという事であり、これに失敗するとそのお店全体の印象を悪くすることになりかねません。
よって、挨拶と同様にまず新人には教え込まなければならない事です。

以前、日記にも書きましたが、僕は某大型家電量販店に勤めていた事があります。
勿論、その量販店でも電話対応には新人教育の中でも、特に比重を高めていて全店共通のマニュアルがありました。
電話を取るとき、始めに言う言葉を決められており、それがスッと言えるように成るまで繰り返し反復させられます。

『お電話ありがとうございます。電気のkjm○○店。担当☆★でございます。』

現在はどうなっているか知りませんが、僕が勤めている時はこれがスタンダードでした。
これを、何度も何度も反復するのです。

で、僕のいた店ってのはその当時ではなかなかの大型店でして、店内で人を呼ぶときだとか、業務連絡する際には電話機をマイク替わりにして店内アナウンスが出来たんです。
店内アナウンスをしたい際にはそれ用のボタンを押し受話器に向かって喋る。
すると、店中にアナウンスが聞こえるっつー便利な代物でした。

その店で僕は配送の担当をしてまして、その日は朝から電話の応対にテンテコ舞いしてました。
配送は別の業者を使ってやっていたので、自分で行く事はマレだったんですけど、配達の予定時刻に来ないだとか、来たテレビが映らないだとか、配送に行った先のお客さんが不在だったとか、そんな内容の電話はザラに掛かってきます。
不思議とそんなのが重なる日ってのはあるもんで、電話の前で右往左往してる事がままあったのです。

恐らく2,3個の事を同時進行でしてたんだと思います。
何かで店内アナウンスをしなきゃならなくて、上の空でアナウンス用のボタンを押し勢い良く喋り始めました。





        
  
             クリック ヒア!




























店内アナウンスで自己紹介





















しかも、おんもっいっきり。
自己主張が強いにも程があります。
どんだけ自分が大好きなんだよ?っちゅう話ですよね?
全従業員はおろか買い物中のお客さん全員にも、もれなくフルネームの自己紹介をサービスです。
やっちまった!と思った時には、事務所の視線が俺に釘ずけ。
次の瞬間には起こる大爆笑。
これだよ、これ。
お笑いの基本は体を張ることだよ。
全く最近の芸人はなってないぜ!
この位の汚れっぷりじゃなきゃあ、笑いの世界を生き残れねぇぜ!
とは、欠片も思わず静かに受話器を置きましたが、心中穏やかではありません。
笑われただけなら良いのですが、店長の説教のおまけ付き。
あの時も死んでしまいたい衝動にかられました。
因みに、他の社員からの内線にも思い切り自己紹介した事あります。
どんだけ、自分が好きなんだ…



と、まぁ、仕事を続けていけば何かしらの事件は起こるもんなのです。
このブログを見ている人にいるかどうかは分かりませんが、この春に初めて社会に出る予定の新社会人達。
社会は危険が一杯だ。
でも、同様に楽しいことが一杯なんだぜ!
沢山の失敗と、沢山の成功が君たちを待ってますよ!
どっかにきっといる、我が社の新入社員達。
僕は、君達に会えるのを心待ちにしてますよ!
そして、一緒に職業病の脅威に怯えようZE!



最後に告知。
こないだの日記で、クリスマスに何かやるなんて大それたことを書きましたが、一向に面白い案が出ません。
考えても考えても、どこかで見た企画のパクリになってしまいます。
そこで、何方かエロイ使途のお知恵を拝借致したい。
真剣に面白いネタを緊急募集します。
別に採用されても何も出ませんが、このままじゃうんこの様なネタでお茶を濁す羽目になってしまいます。
本気でヘルプ・ミー!

パソコンをまめに立ち上げるキャンペーン

タイトル通り“パソコンをまめに立ち上げるキャンペーン”を実施しております。
忙しいのは以前から変わらないのですが、なんだか2言目には「疲れた」だとか「忙しい」とかを口にしている自分にはたと気づいてしまいました。
猛烈にそれじゃいけないと思い、何かをしようと思った次第です。

人間、気の持ちようとか言いますし、何かをする事で生活にメリハリが出来るハズ。
いつも疲れた顔してるなんて、そんなつまらない大人になりたくないっ!と何をすべきかを色々と考えました。


最初は昔から趣味でやってるスケボーをマメにしようかとも思いましたが、最近寒いし次の日の仕事に影響出そうなんで却下。
弟が最近PS3を購入し我が家に噂のハイテクマシンがやってきたのでゲームでもしようかとも思いましたが、弟が触らせてもくれないのでこれも却下。
っつーか、ちょっと位やらせろよ!このケチンボ。
もうあまりにも腹がたったのでヤフオクで転売してやろうかと思いましたが、僕は大人なんで止めといてあげます。

で、あれこれ考えたんですがパソコンをマメに立ち上げる事に落ち着きました。
うん、別に今までと一緒じゃん。

いやいやいや、最近は忙しさにかまけて1週間とか電源すらいれないのなんてザラでした。
それを毎日とは言いませんが、なるべくマメに立ち上げようってんだから、これはもう日本国から何か賞を貰ってもいい位です。

別に深刻に悩んでたとかじゃありませんけど、散々考えた末にパソコンに行き着く辺りに自分の住む世界の狭さを感じずにはいられません。
そんな自分が大好きです。


そんな訳で今まさにキャンペーンは進行中です。
以下、その活動内容↓
・mixiに書き込み(マイミクを増やす・マイミクの日記に書き込みする)
・ブログの更新(これ)
エロサイト巡回

と、3つの柱をメインとしています。
今まで音沙汰無かったのに、急に日記にコメント付けられてビックリしたマイミクの皆様、そういう訳なんで相手してください。
他にもエロイ動画を探す・やらしい画像を探す等々、主に性的な意味で精力的に活動をしております。
この頃は日本の動画に飽きだして、外の国の画像・動画等が僕の壷なんですが、流石に外人さんはすげーね。
何がすげーって、色々すげーんですが事細かに書くとこのブログがアダルトコンテンツを含む為18歳以下の閲覧が出来ない物になってしまい「あの管理人ヒット数欲しさにエロに頼りやがった!最低」と、願っても無い高評価を頂く事になってしまうので書きません。
パソコンの前の良い子達、洋ピン画像は成人してから見るんだぞ!
yapouお兄さんからのお願いだ!!約束だぞ!

そういえば、中学の時に本当のアメリカ人が英語の先生として来てた事があります。
日本人の先生とアメリカ人の先生と2人で教えてくれるっつう無駄に豪華な授業でした。

話は変わりますが、僕が中学生位の時って何故か定期的にエロ本が道端に落ちてたりしました。あれはなぜなんでしょうね?
本当におかしなもんで、誰かが誰かにエロ本はここに捨てるんだと教えて行き、それが世の常識にでもなってるんじゃねーのかと思うほど多彩なジャンルのエロ本が落ちてるんです。
そんな物を中学生の通学路に置くなんて拾ってくれと言わんばかりで、勿論僕は見かけたら必ず拝借していたもんです。
その日も、帰り道にアップル通信と言うエロ本を拾いました。
恐らく、俺と同年代の男性ならば1度や2度はお世話(?)になった事があるのは請け合いのアップル通信です。
そのアップル通信の裏表紙の部分に、通販で変えるエロビデオのリストが載っていました。
最近DVDの台頭とネットの発達で㌧と見かけなくなってしまいましたが、一昔前なら、週刊誌やエロ本の裏表紙には必ずと言っても過言では無い程、エロビデオの通販コーナーが載っていました。

その中には洋物のタイトルも何本か載ってまして、そゆ事に興味深々な中学生です。
隅々まで熟読し、性的に興奮したタイトルやら単語は丸々インプット。
あの頃、もっと違うことに頭を使っていたらこんな大人になってなかったのに…
今更悔やんでも手遅れですけどね。
そうやって外国のエロイ単語を知った僕はある事が気になって仕方がなくなりました。


果たして、英語の授業の時間にやってくる外人の先生に洋ピンのタイトルを言うと通用するのだろうか?


猛烈にその事が気になってしまい、暫く悶々とした日々を過ごしたものです。
ある日の授業でその若い衝動をとうとう抑えきれずに、先生に向かっていやらしいヴィデオのタイトルを連呼してしまいました。






























「アブノーマルUSA!アブノーマルUSA!」





























僕がそれを連呼すると、クラスの何人かも続くようにして『アブノーマルUSA』と連呼し始めました。
するとどうでしょう?
今まで満面の笑みで皆に微笑んでいた先生の顔は瞬く間に赤くなり、かつて無いほどの大声で何かを怒鳴り教室から出ていってしまいました。
それまで皆のしゃべり声でうるさかった教室は静まりかえり、何とも言えない気まずい静寂が流れ始めました。

僕も冗談のつもりでいったのに、まさかそんなに怒るとは露も思わず、あっけにとられてしまいました。
でも、その先生の頭は少々禿げていて、頭の先まで怒りで真っ赤になった様はまるで茹蛸のようで、僕はもうそれがおかしくておかしくて、だけど、今はとてもじゃないけどそれをネタに笑える空気じゃないなと思い必死で笑いを堪えていました。
あの時は本当にごめんね、ミスタースレイトン。




もうなんの話だったか、全く持って分からなくなってしまいました。
あぁ、パソコンキャンペーンの話だ。
このブログも最近放置気味で、1月に1,2回の更新だけですが、今月はせめて週一での更新を目標にやってみたいと思っています。
師走と言えば、小売業を営む者にとっては一番の掻き入れ時で、死ぬ程忙しいのは目に見えていますが、だからこそ挑戦するのです。
そう、挑戦する事に意義があるのです。
それに、今月はクリスマスなんてビッグイベントも控えています。
別に一緒に過ごす人なんて存在しませんが、変わりに何かブログ上でおもしろ企画をやろうかと思案中です。
ブログのネタにするので、熱っいのを一発しでかしてやりたいと思います。
内容は近日公開予定、乞うご期待!そして、俺はきっと後悔(誰が旨い事言えと)




<追伸>
スレイトンの激怒にもびっくりしましたが、同じ裏表紙に載ってた
『茨城のおっかさん ~オラもう我慢できね!ゴザひいてやっぺ!』
の方が、遥かにびっくりしました。

あぁ、見てみてぇぜ。

 | HOME | 

Calendar

« | 2006-12 | »
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

yapou

yapou

久しぶりの更新ついでにブログの見た目も変えてみました
微妙に見づらい気がしないでもない

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。